Illustrator:wundes.com に公開されているイラストレーターの便利なスクリプトを試してみた。

今日もこつこつとなんか便利なイラストレーターのスクリプトがないかなーとネットを巡回していたら海外にいい感じのスクリプトを公開しているサイトがあったのでそこに置いてあったスクリプトを試してみました。各スクリプトのダウンロードは下のリンクからよろしくです。

http://www.wundes.com/JS4AI/
wundes.com内のスクリプトのページです。
全部で36個のスクリプトが紹介されているね。大体CS〜CS4用と書かれているけど特に問題もなさそうなので管理人はCS5で使っています。

36個の内あまり使い勝手が無いなーというのを抜いたものを紹介しようと思います。
翻訳に関してはGoogle先生と管理人の妄想で構成されています。




Add Swatches Light And Shadow(スウォッチに光の色と影の色を追加)

塗り色が設定されているオブジェクトを選択してこのスクリプトを実行すると・・・

ハイライト用の色と影用の色を自動で作ってくれます。(名前も自動で付けてくれます。)


Align Text Field Center  (テキストフィールドの中心で整列)

「整列パネル」の中央揃えだとこうなりますね。

テキストの位置を動かしたくないときもあります。

 

All Points (全てのアンカーポイントから対角線を描く)

アンカーポイントの位置に注目。

すべてのアンカーポイントを直線でつないでます。

いろんな線幅のオブジェクトで試してみましたが直線の太さは1pt固定のようです。


Arc Twister (アークツイスター)

線に色を設定しているオブジェクトにこのスクリプトを実行してあげます。

変形の度合いを設定するためのウィンドウが出ますのでお好みで色々試してみて下さい。

ひねったり、ねじったりする表現が出来ます。

元のオブジェクトが円形でないと効果がないみたいですね。




CMYK to PMS(プロセスカラーからpantoneカラーへ)

印刷用のCMYKで作られている色からpantoneに置き換えたいときに近い色のpantoneカラーを探してくれるスクリプト。
正直 「CMYK → PANTONE」のほうが便利だと思います。イラストレーター内で出来るという利点はありますが、なんか使いづらいです。

Copy To Multiple Objects (複数のオブジェクトにコピー)


全部のオブジェクトを選択した状態でこのスクリプトを実行すると・・・
最前面のオブジェクトが他のオブジェクト全てに変わります。

「Scale Objects?」のところでいいえをえらぶと最前面のオブジェクトそのもの(縮小・拡大されないまま)コピーされます。


Extrude Faces (表面を押し出す表現

ダイレクト選択ツールでオブジェクトの一部だけを変形させたいときなどに便利なスクリプト。


Fleurify(花)

オブジェクトを選択してこのスクリプトを実行すると

花っぽい何かができました。(拡大率をきめることができます。)

 


Fractalize (フラクタライズ)




JoinText Frames (テキストフレームを繋げる)

このような別々のテキストフレームに書かれた文章にこのスクリプトを実行すると

高さがy軸がずれていても数値を調整してあげるとテキストを繋げることができます。

Organify(ランダムに歪ませる)

このような線にこのスクリプトを実行すると

ぐちゃぐちゃになります。数値を大きくすることでもっとぐちゃぐちゃに出来ます。

 

Organize (ルールを決めて整列)

こんな感じのばらばらなオブジェクトにこのスクリプトを実行すると

並べる順は3回に分けて決めることが出来ます。今回はデフォルトのまま実行しました。

 


Save With Timestamp (タイムスタンプ付けて上書き保存)

スクリプト名のとおり、ファイル名に日付と時刻を追加して上書き保存されます。


Select Text By Size (サイズテキストの選択)

このように色が違う同じサイズのテキストがあるときに便利なスクリプトです。

スクリプトを実行して、ウィンドウに選択したいフォントサイズを入力することでそのサイズの文字を全て選択してくれます。

 Set All The Things (すべてのオブジェクトのサイズを同じに)

このように大きさがバラバラのオブジェクトにこのスクリプトを実行すると

入力した項目によって大きさを同じに出来ます。

 Sharpen Corners (シャープコーナー)

ペンツールなどで描いた丸みのあるオブジェクトにこのスクリプトを実行すると

カクカクしたオブジェクトにできます。

 Size By Luminance (輝度でサイズを変更)

同じ大きさで色が違う複数のオブジェクトにこのスクリプトを実行すると

輝度順に大きさが変わります。

 Swap Objects (スワップオブジェクト)

こんな感じの2つのオブジェクトにこのスクリプトを実行すると

位置と大きさを入れ替えてくれます。

 Vary_hues (複数のオブジェクトの色相を変える)

このように複数のオブジェクトの色を一度に変えたいときに便利なスクリプトです。

ランダムに色を変えることが出来ます。

 




Adobe JavaScriptリファレンス (NextPublishing)
インプレスR&D (2013-10-18)
売り上げランキング: 47,342
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...